• ホーム
  • バルトレックスが処方される病気

バルトレックスが処方される病気

悩んでいる男性

バルトレックスは抗ヘルペスウイルス薬なので、ヘルペスウイルスが原因となって起こる病気に使用されています。
これにはたくさんの型があり、水痘や帯状疱疹、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの病気の原因となります。
これらは厳密には型の違うウイルスが原因となって発症しますが、治療に使われる薬は全ての病気で共通しており、バルトレックスなどの抗ヘルペスウイルス薬になります。

バルトレックスはヘルペスを発症した時には第一選択薬として選ばれることが多く、世界中で使用者の多い薬です。
バラシクロビルという成分が主成分となっており、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐ働きがあります。
ヘルペスは発症すると、徐々にウイルスの数を増やしていき症状が強くなります。

その時にバラシクロビルはウイルスが増殖する時のDNA複製を阻害することで、それ以上増殖ができないような作用を出します。
バルトレックスを使えば、ヘルペスを発症してもそれ以上に症状が強くなるのを抑えて重症化を予防できます。
このようにしっかりとウイルスに働きかける力があるということで第一選択薬として使われているのでしょう。

ヘルペスウイルスに効果のある薬には、他にもゾビラックスがあります。
ゾビラックスはバルトレックスよりも歴史のある薬で、古くからたくさんの人に使われてきました。
バルトレックスとは違い、アシクロビルを主成分としています。
もうひとつのバルトレックスとゾビラックスの違いは服用回数です。
ゾビラックスは1日に5回の服用が必要なので、飲み忘れをしないように気をつけなくてはいけません。
アシクロビルにもウイルスの増殖を抑制するという働きがあります。

ヘルペスには昔からゾビラックスが使われてきましたが、服用回数が多いというデメリットを解消したのがバルトレックスです。
効き目はどちらも同じようにしっかりとありますが、実際の使い勝手が良いということでバルトレックスが多く使われるようになってきています。

バルトレックスでヘルペスは治る?

ヘルペス治療で最もよく使われているバルトレックスですが、ヘルペスの治療は症状を抑えて再発をしないようにすることがメインとなります。
それはヘルペスが完治させることが難しい病気だからです。
バルトレックスを使って、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐことはできても、ウイルスを完全に除去することはできません。

ヘルペスウイルスは潜伏期間のある病気で、一度体内にウイルスが入ると、何度も再発を繰り返すことがあります。
潜伏期間中はウイルスが体内にあっても、特別な症状はありません。
普段はなにも変化のない状態が続きますが、再発をすると同じような症状が出てきてしまいます。

今のところは完全にヘルペスを治すことはできないので、一度でもかかったことがある人は、再発をしないように気をつけることが大切です。
もしも発症をした時には、そこから悪化させてしまわないようゾビラックスなどを用いて、軽症のうちに治すことで、辛い症状に悩まずにすみます。

一度でもヘルペスにかかったことがある人は、再発をする可能性があるということを忘れないようにして、症状の出はじめの時期にすぐに治療を開始するようにすれば重症化を防げます。
またバルトレックスの使用法として、再発を予防するために毎日バルトレックスを飲み続けるという方法もあります。
この方法で完全に予防ができるわけではありませんが、発症をしたとしても軽く済ませられる可能性が高くなります。

ヘルペスは完治することのない病気ですが、再発さえ起こらなければ、大きな問題のない病気です。
再発を防ぐために定期的に服用を続けるか、もし再発をしてしまった時に備えてすぐに内服治療ができるような準備をしておきましょう。